Home > 企業案内 > 笠松工場

笠松工場

 

風光明媚な環境のもと、最新の設備と生産体制を確立

 
 

抗火石の加工生産と製品開発を担当。工場敷地22,000平方メートル、建物床面積2,600平方メートルの工場内には、棟別にライニング材の加工ライン、ネオエックス(抗火石)加工ライン、ネオエックスフォームの加工ライン、60mの焼成ライン、ネオサンド(粗骨材・微骨材)加工ライン、研究棟などが整然と配列され、品質管理の行き届いた生産体制です。

 

■研究開発

 

抗火石の有効利用と高度利用を追及して昭和50年には“ネオエックスフォーム”を開発。その研究技術開発力が高く評価されております。

 

■機械設備
トンネルキルン(52m) 1基
粗粉砕設備(ジョークラッシャー)300t/月 1基
乾燥設備(ロータリードライヤー) 1式
微粉砕設備(ローラーミル)600t/月 1式
製材機 10台
電気炉 3基